豊胸手術でバストアップを実現|女性の魅力UP術

豊胸手術の手直し

バスト

女性らしいボディライン作りの為に豊胸手術を受けるときには、担当となる医師にしっかり希望するイメージを伝えておきましょう。少しの差でもバストの印象は大きく変わります。また、体内にヒアルロン酸やシリコンバッグなどを注入、または挿入することになるので、術後の安全性においてしっかり確認したいものです。近年、あらゆる美容整形法が誕生する中で施術力は高まってきている為、美容整形に踏み込む女性の数は圧倒的に増えています。自分の努力次第ではすぐに結果を得られないバストアップに関しても、美容整形を受けることによって即効性を実感できるでしょう。また、豊胸手術によるバストアップは理想どおりの形にメイキングできるので、自力によるイメチェンよりもはるかに理想に近づけます。

豊胸手術にはいくつもの種類があります。ヒアルロン酸注入法と比較して、一気に数カップ分のサイズアップを期待できるシリコンバッグ挿入法は、まるでグラビアアイドル並のバストに仕上げることも可能でしょう。シリコンバッグ挿入法はヒアルロン酸注入法よりもダウンタイムが長いことで知られていますが、ナチュラルな変化ではなく大胆にサイズアップという変化を得たい人に最適です。
しかし、加齢と共にサイズアップしたバストに違和感を生じるようになったら、豊胸手術の手直しをすることも可能です。若いときには適していたサイズが、10年後、20年後にも違和感ないとは限りません。そんなときには、現在の自分に最適なバストにする為、豊胸手術の手直しとも言われているエイジングブレスト法を選択しましょう。

エイジングブレスト法では、まっさきに挿入したシリコンバッグを取り外すことから始めます。そうなるとぽっかりバストにはスペースがあるわけですが、そのままにしているとバストの差が明らか過ぎてそれこそ違和感をもたらすでしょう。エイジングブレスト法では、そのぽっかり空いたスペースへ、体に吸収されにくいヒアルロン酸を注入するのでスペースはしっかり埋まります。
本来、体に吸収されるヒアルロン酸ですが、吸収されにくいヒアルロン酸を注入することによってナチュラルなサイズになったバストは長期的に持続できるでしょう。アレルギー反応が生じる心配もない上に、年齢に適した見た目になるとエイジングブレスト法は人気を高めてきています。術後の体の変化が心配だというときには、定期的に美容クリニックにて検診を受けることです。元はシリコンバッグを挿入していた箇所となるので、体の変化には気を配りたいものです。定期的な検診にていつでも安心して過ごせることでしょう。